夜10時まで延長保育・安心の送迎付き・多彩なカルチャー教室
NPO法人・第二種社会福祉事業所

子供達のために!
特徴

TEL:047-302-8825

受付時間 14:00~20:30
土・日・祝日除く

FAX:047-302-8824

法人概要

 
トップ > 法人概要

ご挨拶

WELCOME

代表 桑野秀男
代表 桑野秀男
 
さらなる進化を!

 わたくしどもアフタースクールは、公設の学童では対応できない最長22 時までの延長保育、ドアツードアの送迎、手作りの食事、学習指導といった各種サービスを提供してまいりました。
 設立以来18年、第二創業期ともいえる時期を迎えたいま、「アフタースクール2.0プロジェクト」を立ち上げ、保育の質のさらなる向上を目指してまいります。

公設学童ではできない保育を
さらに徹底してまいります。

 「アフタースクール2.0 プロジェクト」の下、外部機関にお願いして、さらなる飛躍のために必要なことを考えてきました。そこであらためてわかったのは、延長保育・自宅への送迎・手作りの夕食といったサービスだけでなく、研修生も含めた一人ひとりのスタッフがお子様に誠実に接していることに保護者の皆様が満足されているということでした。
 アフタースクールでは、放課後児童支援員の資格保持者を5人に拡充し、補助支援員も含めて10 人の体制で50 人あまりのお子様の保育を行っております。これは公設の学童が基準とする人数の4倍にあたります。

 

お子様が6年間安全に
楽しく過ごせる居場所を作ります。

 子どもは成長にともなって、お留守番も勉強も一人でできるようになります。とはいえ、他の子どもと遊んだり、おしゃべりしたり、おやつや食事を一緒に食べたり、勉強を教え合ったり、時にはけんかしたり、大人に叱られたりする体験を通して社会性を身につけて大人になっていくのも事実です。
 アフタースクールでは、お子様のそうした発達過程をふまえて、さまざまな活動を設けています。お子様が高学年になっても成長のためにもどうかお任せください。
 

多彩なカルチャーを
さらに充実させていきます。

 アフタースクールでは、プロ講師の指導による多彩なカルチャーをリーズナブルな価格で提供しています。しかも、移動が必要な場合でも送迎付きだから安全で時間の無駄がありません。また、新年度より、従来の「出前塾」が「ロジカル・ラボラトリーズ」へと進化するほか、中学受験のための個別指導、学校の授業の補修クラスもスタートしました。そして、中山教室の目の前はスイミング・スクール。
 お子様に習わせたい習い事のラインナップがアフタースクールにそろっているのも自慢です。

 

法人概要

法人名

特定非営利活動法人アフタースクール

代表者

代表理事 桑野秀男

本部所在地

千葉県船橋市本中山4-11-6 朝日新聞ビル3F

設立

平成16年5月30日(千葉県認可)

事業内容

放課後児童健全育成事業

(平成19年5月1日 第二種社会福祉事業開始届 提出済み)

TEL

047-302-8825

FAX

047-302-8824

提携・協力

書道:原木ジュニア学院

英語:My Friend's English School

バレエ:石塚浩子バレエスタジオ

テコンドー:高木 浩二テコンドー教室 

法人沿革

平成14年4月

放課後ルームでは「保育時間が短い」、「お迎えが負担」、「将来的な学力格差が心配」という地域の声に応えて船橋市本中山地区に任意団体として開設

平成16年6月

NPO法人として千葉県認可

平成19年7月

船橋市へ第二種社会福祉事業開始届を提出。「船児育126号」児童福祉法第6条の第2項に規定する放課後児童健全育成事業

平成20年4月

地域へ誰でも使える「電話1本の緊急保育」、保育園と連携しての「緊急兄弟保育」、歯科、耳鼻科等への「通院サポート」を提供開始

平成27年4月

一人親支援事業提供開始

平成27年10月

船橋市へ放課後児童健全育成事業開始届提出

平成28年4月

中山第二教室プレオープン

平成29年4月

中山第二教室本格稼働

令和元年11月

千葉市より委託を受け、千葉市中央区新宿にアフタースクール千葉教室開設

各種活動履歴

平成19年

文部科学省委託事業「地域と学校、ふれあい事業&授業」実施。船橋市立小栗原小学校内で教科書を使った英語の授業の実施と同小6年生と中山法華経寺の英文観光案内の観光案内の製作。

平成21年

千葉県教育委員会との協働事業「孤立した母親支援事業together」実施。乳幼児の母親を対象とした保育付きNPプログラム、英会話教室、ヨガ教室の実施(全6か月間)。

他団体と協力して内閣府地方の元気再生事業を実施。船橋市金杉台団地再生事業の保育部門を担当。

平成22年

千葉県匝瑳市内のショッピングモール「オーシャンマート再生事業」を実施。

地域社会雇用創造事業に参加。学童保育指導員の研修事業を実施。

厚生労働省緊急人材育成支援事業に参加。学童保育指導員の研修事業を実施。

平成23年

経済産業省関東経済局「買い物弱者支援事業」実施。

平成27年

船橋市商工会議所、地域商店会の委託事業「商業英語初級」を実施。

平成28年

船橋商工会議所、地域商店会の委託事業「商業英語初級2」、「初級中国語講座」を実施。

平成29年

船橋商工会議所、地域商店会の委託事業「商業英語初級3」、「初級中国語講座2」を実施。

助成事業

平成20年

トヨタ財団「電話1本の緊急保育」

平成25年

丸紅基金「電話1本の緊急保育」

平成27年

ダイワハウスエンドレス基金

「子育ての喜びを味わいながら仕事の楽しめる街つくりin葛飾」

平成28年

JT日本たばこ産業 NPO助成事業

「母親ひとり親が安心して働くための緊急保育&延長保育」

平成29年

JT日本たばこ産業 NPO助成事業

「公設学童保育と連携しての緊急保育&延長保育」

連携団体・協力団体

順不同

アフタースクールの活動をご理解頂き、様々な形で多くの皆様にご協力・ご支援して頂いております。
 

千葉大学、千葉工業大学、千葉県教育委員会、船橋市地域子育て支援課、市川社会福祉協議会、船橋商工会議所、浦安・市川若者サポートステーション、船橋若者サポートステーション、千葉若者サポートステーション、ワーカーズコープ千葉、社会福祉法人あけぼの会、株式会社リップル研究所、日本電算機株式会社、アプリコット出版、地域の朝日新聞販売店、地域の読売新聞販売店、フードバンクふなばし

決算報告

保育数の推移
保育数の推移
 

各年度の決算報告書を掲載いたします。どうごご確認ください。リンクをクリックするとPDFが開きます。

 

令和2年度

 

平成31(令和元)年度

 

平成30年度

 

平成29年度